ミュージカル俳優・上原理生が魅せる二部構成のソロコンサート「一音一音に愛をもって寄り添う」 | SPICE – エンタメ特化型情報メディア スパイス

サイト名:SPICE

1月23日 20:43
タグ

『レ・ミゼラブル』、『ロミオ&ジュリエット』、『ミス・サイゴン』、『スカーレット・ピンパーネル』といった数々のミュージカル作品で活躍中の上原理生。『1789-バスティーユの恋人たち-』の再演も控える彼が、ソロ・コンサートを行なうこととなった。東京藝術大学で声楽を学んだ彼のクラシック音楽のバックグラウンドと、ミュージカル・スターとしての力量、双方を味わえるステージとなりそうだ。 ――今回のコンサートの構成についておうかがいできますか。 二部構成になっていまして、会場となる練馬文化センター小ホール(つつじホール)が非常に響きのいいコンサートホールなので、一部はピアノ伴奏のみでマイクを使わず生声でクラ…

続きを読む(参照先)
スポンサーリンク


関連する記事
2.5ジカルで検索してみる
コメント

コメントする

人気ランキング

もっと見る

ソース一覧

ピックアップ

ピックアップ記事一覧

スポンサーリンク


スポンサーリンク